Q1: はづきに入所する前は何をしていましたか?
平山淳

弁理士 平山 淳
2006年入所

A1: 他の特許事務所で業務をしていました。
 
Q2: 弁理士を目指した理由は?
A2: 月並みですが、発明などのアイデアを権利化する仕事に興味があったためです。
 
Q3: 現在の主な仕事内容は?
A3: 国内外の出願・中間(欧米系クライアントとのコミュニケーション)、審判(審判官への技術説明)、当事者系争訟、訴訟(裁判官への技術説明、弁論手続等)などです。
 
Q4: 仕事をしていて、達成感、やりがいを感じるのはどのようなときですか?
A4: 重要技術の特許権利化を達成したとき、審判、訴訟において勝訴したときなどです。
 
Q5: 今後、どのような弁理士になりたいですか?
A5: 強いて言えば、総合力に長けた弁理士になりたいと思います。
 
Q6: はづきでは、飲み会やスポーツ大会、所員旅行などがあると聞きましたがどのような雰囲気で皆さん楽しんでいますか?
A6: 飲み会は頻繁に開催しており、所員旅行とともに結構盛り上がります。スポーツ大会は、若手を中心にバレーボールなどの大会をしています。また、私を含めウインタースポーツ(スキーなど)の愛好家もいます。
 
Q7: 他の特許事務所と比べた違いは?
A7: 明るく活気のある点と思います。また、新しいことに敏感で、すぐに取り入れる点などです。
 
Q8: 将来、叶えたい夢は何ですか?
A8: 五大陸の山々をスキー滑走することです。
 
Q9: 応募者へ一言
A9: はづきは、若くて活気があり、チャレンジ精神に溢れています。ぜひ応募してください。
所員の声トップに戻る