弁理士・特許技術者の仕事内容紹介

■弁理士とは

 弁理士は、特許や実用新案、意匠、商標等の知的財産権に関する手続を代理することができる国家資格保有者であり、依頼者の立場に立ってこれら権利の取得を支援したり、権利を巡る紛争を解決したりする高度な専門性を有する職業です。弁理士の業務は多岐に渡りますが、以下の3つが代表的です。
①特許出願明細書等の出願書類の作成及び出願業務
②特許等の出願案件に関する中間処理業務
③特許権等に関する評価、鑑定、訴訟、コンサルティング業務
 また、知財業務はグローバルに展開されることが多く、日本国内のみならず、米国、欧州、中国をはじめとする世界各国での権利の取得及び活用が求められています。このため、弁理士には、語学力のみならず、世界各国の法制度や知財実務に関する深い専門知識も要求されます。
 特許技術者は、主に上記①、②の業務に関して弁理士をサポートする職業であり、資格未取得である点で弁理士の卵であるといえます。とはいえ、これら業務を行う上で、特許技術者には弁理士と同レベルの高度な専門知識と能力が要求されます。

■弁理士の業務の詳細

 それでは、特許権を取得するまでの弁理士の業務について詳しく見てみましょう。
(1)出願業務
 特許出願業務は、(a)発明者に対するインタビュー→(b)発明の技術内容の理解→(c)発明の抽象化→(d)特許出願明細書の起稿→(e)特許庁への出願、の順で進めることが一般的です。クライアントが求める広くて強い特許権を取得するためには、特許出願時に、発明の技術内容を正確に理解した上で、必要十分に抽象化し、かつ、的確な文章で特許明細書に表現することが最も重要です。このため、弁理士には、発明を理解・抽象化するための技術理解力、洞察力のみならず、発明を的確に表現するための論理的思考力、文章構成力が要求されます。さらには、発明者から発明内容を十分に聞き出すためのコミュニケーション能力も要求されます。
(2)中間処理業務
 特許庁に特許出願しても、すんなりと特許登録されることは希で、むしろ特許庁の審査官から拒絶理由通知を受ける場合の方が多いものです。この場合に、できるだけ広い権利を取得するべく、クライアントと協議の上で応答案(意見書・補正書)を作成し、特許庁に提出する業務のことを中間処理業務と称します。この中間処理業務では、クライアントの要望を考慮しつつ、特許法や特許審査基準等の法律的な見地はもちろん、従来技術との相違点の考察を含む技術的な見地からも、最適な応答案を提案することが要求されます。ベストの提案をできるようになるためには、業務経験やテクニックも必要となりますが、クライアントの利益を勝ち取るために「なんとかして審査官を説得してやろう!」という熱い気持ちも重要ではないでしょうか。

■弁理士の一日

 職業柄、オフィスでパソコンに向かい出願書類や中間処理書類を作成する時間が長くなりますが、所内のフリースペースで同僚と実務内容についてディスカッションをしたり、所内ミーティングや研修会に参加したりすることも頻繁にあります。また、発明者インタビューのためにクライアント先に出張したり、弁理士会の研修に参加したりと、週に数回は外出もします。
 弁理士の一日のスケジュール例は以下のようになります。

09:30~10:00 出社後、メールの確認、顧客に電話
10:00~12:00 外内案件の中間処理コメント作成
12:00~13:00 同僚とランチ
13:00~16:00 顧客を訪問し、発明者インタビュー
16:00~18:30 事務所に戻り、国内特許明細書の作成
18:30~20:30 弁理士会のセミナーに参加
21:30 帰宅

■はづきの弁理士の特徴

 国内特許部と外国特許部を分離する特許事務所も多い中、弊所では、1つの発明に関して、国内出願から国内中間処理、外国出願、外国中間処理まで、1人の弁理士が責任を持って一貫して担当するスタイルを採用しています。必然的に、個々の弁理士には、各国の法制度の知識や語学力に加え、各国での様々なステージに対応するための高い能力が要求されることになりますが、その分だけ担当業務の幅が拡がり、スキルアップも図れます。
このため、語学に抵抗が無く、新たな業務に対して前向きに取り組める方の応募をお待ちしております。
 また、弊所では、個々の弁理士・特許技術者の能力・サービスが他事務所よりも優れていると自負しています。この理由として、弊所では、比較的若くて経験の浅い技術スタッフに対しても、本人の能力と意欲さえあれば、積極的に重要な業務を任せる所風であるからと考えております。もちろん、たまには若手スタッフが失敗してしまうこともありますが、先輩弁理士が確実にフォローすることで、若手スタッフの改善・成長を促しております。さらに、所内教育機関(研修所)において、実務スキルのみならず、業務スケジュールの立て方、顧客とのコミュニケーションの取り方、プレゼンの仕方、営業力、コスト意識など、現代の弁理士に求められる総合ビジネス力も指導しています。この結果、多数の若手弁理士が、クライアントから高評価を頂きながら活躍しております。
 このように、弊所は高いレベルの同僚達に囲まれて互いに切磋琢磨できる環境です。皆さんも、弊所で知財業務を通じて共に成長してみませんか。

仕事内容紹介トップに戻る